名古屋のおすすめ結婚式場 口コミレビュー

和と洋が融合する新しいウエディングの世界 百花籠

百花籠の概要

場所
愛知県名古屋市東区主税町3-6-3
地下鉄桜通線「高岳駅」下車 徒歩10分
結婚式の時間に合わせて、名古屋駅・高岳駅を経由して百花籠まで無料シャトルバスを運行
無料駐車場あり
営業時間
営業時間12:00 ~ 19:00 (平日) / 10:00 ~ 20:00 (土日祝)
定休日 第1・3月曜日、毎週火曜日(祝日除く)
和と洋が見事に融合した空間でのウエディングが可能な百花籠となります。

百花籠の魅力

和と洋が見事に融合した空間が最大の魅力となる百花籠。
外観は宮大工が実際に作った瓦屋根が特徴的で、奥には高さ18mの教会の鉄塔がそびえたっています。
エントランスでは世界中から集められた調度品が飾られ、非日常の世界へと導いてくれる、そんな、空間となっています。
挙式においては、キリスト教式をはじめ、洋装人前式、和装人前式、ガーデン人前式、神前式とバリエーションが豊富。
ステンドグラスが魅力的なチャペルでは、キリスト教式や人前式を行うことが可能になっています。
トランペット・パイプオルガン・聖歌隊の生演奏が行われるほか、和装人前式の場合、折り鶴といった和装らしいセレモニーの演出も可能です。
ガーデン人前式では、カジュアルで解放的な演出も可能。
希望に応じた様々な形での挙式を行うことができる百花籠となります。
披露宴会場は3つ用意されています。
130名まで収容可能なHOUMEIには<日本庭園が広がり/em>、プライベートガーデンとして利用することができます。
同じく130名まで収容可能なLUNETTE SALOONは白を基調とした空間で、ガラスのドア越しにキッチンが見えるプライベートガーデンが魅力です。
SEIGAは80名までの収容が可能な会場となり格式ある日本邸宅。
水に浮かぶ雅楽の舞台を備えた日本庭園が魅力的な披露宴会場となります。

まとめ

様々な挙式スタイル。
そして、3つもの披露宴会場を持つ百花籠。
優雅で上質な空間で結婚式を行うことのできる場所となります。

ページトップへ戻る